焚き火の熱を反射する大型スクリーンが暖かい

焚き火の熱を反射する大型スクリーンが暖かい

こんにちは。masatoです。最近朝晩の冷え込みがきつくなってきました。

 

焚き火してますか?

 

僕は最近だと月に2〜4回くらいのペースで焚き火していますが、やはり11月に入ってくると気温も10度前後になってきて焚き火の温かさはは必須です。

 

いつも焚き火をしていても火が出ているので、もちろん暖かいのですが二人で並んで焚き火する場合や自分ひとりの時に周りに温かさが逃げていっているのを何とか出来ないかなと考えてました。

 

最近いいものを見つけたので、焚き火でいつも寒いと感じてる方は一度読んでみてください。

 

 

焚き火の熱は上と周りに逃げている

焚き火をしていて秋や冬には寒いと感じてしまう。温かい炎が前にあっても手を差し出すと温かい。立ち上がると顔も温かい。

 

周りで囲んでいる友人も同じ症状だという。

 

そう。焚き火の熱は上や周りにほとんど逃げていて一部の焚き火の熱しか暖を取るのに活用できていないことに気付いた。

 

陽が傾き夕方から夜にかけて始まる楽しい宴の時間とともに秋冬は気温は減少し寒くなる。

 

その寒い時間を出来るだけ焚き火の熱を活用し温かい状態で楽しみたいと考えた。

 

 

周りに逃げる焚き火の熱を自分に向ける

ウインドスクリーンでお湯を沸かす

ふとキャンプでお湯を沸かしたり炒め物をシングルバーナーで作っている時に料理しながら手元や顔が暖かいことに気付いた。

 

 

これは単純にウインドスクリーンが風を遮ってくれてシングルバーナーの熱を自分のほうに向けて放っている。

 

 

暖かい・・・こんな小さい火なのに。

これを焚き火の時に活用したら凄く温かいんじゃないかと思いついた。

そう。焚き火の熱を自分のほうにむける様にしたらいいんだ。

シングルバーナーの、あんな小さな炎で温かいなら焚き火の火なら結構かわるかも。

【関連記事】

カセットガスで使えるミニコンロのSOTOのG-STOVE

 

 

焚き火の熱を反射させる大型のウインドスクリーンを購入

大型反射板を畳んだ状態

いろいろネットで探しているとシングルバーナーで使うウィンドスクリーンの超大型の物を発見し自分の用途にピッタリだったので即購入した。

 

灯油ストーブや薪ストーブのガードにも使える

対流型はもちろん使えるし反射板があって前に温かさが来る灯油ストーブや薪ストーブをお持ちの方にはガードにも使えると思う。

 

付近を通る人のやけど防止に使ったりテント幕の近くに灯油ストーブや薪ストーブを設置する場合にガードになりそう。

 

人がいる一方向に熱を送ったり、近くにいって「やけど」しないように周りに設置するイメージ。

 

 

では購入したウインドスクリーンを使ってみたので次項からは、それについて書いてみたい。

 

 

焚き火を囲み温かさを一方向に向ける

焚き火を反射させる

自宅に届き、少し時間が出来た日があったので現地に行った際に早速つかってみた。

 

僕の思った通りに、シングルバーナーの火で、あんなに温かいのに焚き火で試すと予想通りに温かかった。

 

一方向から焚き火の熱が「フワー」っと出てくる。火力がおおきいと暑いぐらいに。

 

劇的に変わって暖かくなって満足したが、せっかくイイものを買ったので、さらに効率よく暖を取れる方法を考え出した。

 

 

写真で使用している焚き火台はUCOの焚き火台

【関連記事】

UCO(ユーコ)の焚き火台「フラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット27173」を購入して初火入れ

 

 

上部に逃げる焚き火の熱はタープで逃がさない

タープと大型反射板

周りに逃げる熱気を自分のほうに向けることに成功したので上に逃げる温かさも活用できると思い、自分の持っている、タープ下で焚き火できるムササビウイングと併用した。

周りに逃げる熱を自分に向け、上部に逃げる焚き火熱はタープを跳ね返りタープ内に温かい空気を循環させるようになった。

さらに温かさがアップした。

 

【関連記事】

テンマクデザインムササビウイング13ft.TC”焚き火”versionのタープはソロ〜三人くらいに最適!画像とレビュー

 

テンマクデザインムササビウイング張り方アレンジ一覧

 

販売されているのはアウトドア用品店で有名な「WILD-1」

アウトドアスタイルWILD1(ワイルドワン)京都宝ヶ池店に初潜入した。

 

 

 

焚き火の熱を貯め風も遮れる

僕の購入した焚き火の反射板は高さが70CM で横幅が120CM ある。地面に銀マットや布製のレジャーシートで、座り焚き火をしていると自分の目線より上に焚き火の反射板の上がある状態だ。

焚き火の熱は自分に向く上に前からくる風が、このウインドスクリーンによって遮られるようになった。

 

体感温度が劇的に変わった

焚き火の熱が周りに逃げず上からも温かい熱が来て前からの風も受けにくくなったことで、体感温度が劇的に変わった。

 

個人差は多少あると思うけど、今までの文章を読んでもらえば明らかに変わったのが伝わればうれしい。

 

あたたかい薪ストーブやキャンプで流行っている対流型灯油ストーブを持っていない僕にとっては、寒さを大きく改善できるようになった。

 

 

秋冬キャンプで外で楽しめる時間が増えた

ネイチャーストーブと大型反射板

今までは-3度くらいまでのキャンプはしたことはあるが、恐ろしく寒く風が吹くとハードリカーを飲み、身震いしながら体が温まるーといって、その場をごまかしていた。

 

真冬の温度になってからは、まだ試せていないが、今回の夜の気温は7度だったので秋冬キャンプで外での楽しめる時間が増えるのは間違いないと今回使ってみて思った。

 

何度も使って使い倒して、どんな変化があるか楽しみだ。

 

【関連記事】写真の使っている焚き火台の記事

缶ストーブのTABを使ってみたので用途を事例別に7つ紹介します

 

 

二枚連結で大きな調理場ができた

二枚連結した大型スクリーン

僕は買うまえにメジャーをつかいキャンプで使っている椅子やテーブルを設置し、どんな高さになるかイメージトレーニングしてました。

 

 

数人で囲んで焚き火していたのを横に並んで焚き火したことによって、各自の調理スペースが出来て、横並びで調理しながら暖を取れるようになったのも新しいスタイルで、面白いと思った。

 

写真ではテーブルの上に焚き火台を乗せているが足つきの焚き火台なら地面に置くとテーブルの上で調理スペースが出来る。

 

 

キッチンテーブルは持っていないが、ソロキャンプや2〜3人程度のキャンプの時には、座った場所からあまり動かなくても全てのことが出来るようにしている。

 

 

立って調理できるのは動きやすいだろうが、座ったまま調理することが今までからのキャンプスタイルだ。

 

 

暖を取りながら調理しそのままの場所で食べそして寝る。

 

 

とてもズボラに見えると申し訳ないが、これが凄く楽ちんで好きなものに囲まれ、こじんまりとした秘密基地感が自分は好きだ。

 

 

男性の方なら何となく、わかっていただけると思う。

 

 

 

囲む焚き火から横並びの焚き火で変わったこと

ムササビウイングと大型ウインドスクリーン

今までは焚き火を囲んで食べて飲んでのスタイルだったが今回のギアを導入してからは横並びだ。

 

 

10人とか大人数での焚き火なら大きなレクタタープなどで今回の方法でも出来るけど、僕が持っているのはムササビウイングなので2〜3人ぐらいまでかな?

 

 

顔を見ながら飲み食いするのは、もちろんいいけど横並びになることで同性・異性とわず、新鮮な雰囲気を感じれた。

 

 

いつものような会話ももちろん楽しいけど、今後の抱負とかお互いのイイと思うところをジックリ話そうぜ!みたいな雰囲気になったのだけど顔を直接見ないでユックリ語るこんなスタイルもいいと感じた。

 

 

いつものキャンプのスペースが少しだけ変わって新しい話ができたり、友人との親密感も増えるように感じた。

 

 

 

焚き火熱を反射する大型スクリーンのまとめ

ネイチャーストーブと大型反射板

ぼくはそこまでキャンプギアを沢山買わないけど2019年に買った道具のの中でも上位に入っているくらい気に入っている。

 

 

キャンプは楽しいし沢山行きたい。そして肌寒い時期の焚き火は最高だとキャンパーさんなら、だれもが思う。

 

 

寒さも限度があってずっと震えながらのキャンプになると、さすがにつらい。

 

 

焚き火の熱を有効活用し、秋冬キャンプの寒さを軽減すると野外での遊びが楽しくなる。

 

 

テントの中でヌクヌクのキャンプも楽しいけどキャンプに来て外で過ごす時間が増えることを願っている。

 

 

外でもう少し過ごしたいけど焚き火だけでは寒くて過ごせない・・・と思っているキャンパーさんに読んでもらえると、とてもうれしい。

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

僕が使用しているのは高さ70センチ幅120センチですが幅は全て同じですが高さが30・40・50・60・65・70とあります。

 


 

キャンプギアカテゴリの最新記事