鮎川園地キャンプ場は予約なしでチェックインチェックアウトもユッタリのキャンプ場

鮎川園地キャンプ場は予約なしでチェックインチェックアウトもユッタリのキャンプ場

こんにちは。masatoです。夏も過ぎて少し涼しくなってきたので今回は福井県の日本海を眺められる「鮎川園地キャンプ場」に行ってきました。

 

鮎川園地キャンプ場は予約なし

ネットでこのキャンプ場をたまたま見つけて予約方法がわからず電話したのですが予約は受け付けていないみたいで管理人さんに混雑具合を聞き半分以上空きがあるとの事で直接現地入りしました。

 

管理人さんが用事で受付に、いらっしゃらない場合があるみたいなのでその際は近くにある釣具屋さんの店内にいるみたいなので、そちらで受付をします。

 

僕がキャンプ場に到着した際には管理人さんがいらっしゃったので受付をしました。

 

 

鮎川園地キャンプ場のチェックイン・チェックアウトについて

チェックインはザックリらしいのですが午前9時くらいから17時くらいにチェックインすると良いみたいです。

 

その日によるみたいですが19時くらいにはキャンプ場を閉めて出て行かれるみたいなので到着時間が17時を過ぎそうなら電話を入れておくと良いと思います。

 

 

鮎川園地キャンプ場の駐車場・受付・売店

鮎川園地キャンプ場の駐車場

40台くらいの車は入れる規模だと思います上の写真の車が止まっている部分に駐車して見えている小屋が管理棟になります。

 

簡単な受付を済まし注意事項やゴミ捨てに関しての説明をしてくれます。ゴミ袋を数枚いただけてゴミ捨て場での分別についても丁寧に教えていただけます。

 

また説明を受けている時にも他のお客さんが入ってきて薪や缶ビールなどを購入されている人もいました。

 

一度お酒を飲んでしまったら外には出れないので管理人さんが、いらっしゃる間に売店に置いているもので必要なものがあれば購入しておくと良いですね。

 

 

鮎川園地キャンプ場は芝生のフリーサイト

芝生のフリーサイト

キャンプのできるサイトは一面の芝生になっていてコンクリートの部分は現地で借りれるカートで荷物を運搬できます。コンクリート部分以外は設営自由とのことでした。

 

目の前の海を見ながらキャンプしている人や海からは離れて山側でのキャンプを楽しんでいるかたもいました。

 

僕が行った日には15組くらいのキャンパーの人がいましたが、半分以上が家族や友人とのキャンプを楽しみ5組くらいの人は自転車やバイクでのツーリングキャンプを楽しまれていました。

 

混雑具合にもよるかもしれないですが自転車やバイクの人はサイトに横付けしてキャンプを楽しまれていたので荷物をバイクに積んだままにしたり後片付けの際の荷物の積載が楽そうでした。

 

洗い場と調理場

鮎川園地の洗い場

洗い場の水道10個ほどと薪調理できるグリルの設置もされていました。

 

 

 

鮎川園地キャンプ場は釣りや海水浴も楽しめる

目の前に海が広がる

写真の左側に見える芝生が1番海側のサイトになるので歩道を挟んで、すぐ目の前に海が広がります。

 

岩場では釣りをしたり、砂浜の場所もあるので海水浴も楽しめますね。

海で遊んでいる子供さんを見ながら食事の用意をしたり、釣り好きな人は釣った魚をキャンプで調理して食事するなどの楽しみ方が出来そうです。

 

この日は天気が悪かったので釣竿は持っていったのですが、釣りは出来ませんでしたので、次回行く時には釣りも楽しんでみようかと思います。

 

 

鮎川園地キャンプ場の風呂・シャワーについて

キャンプ場内にシャワーがあります。お風呂は車で近隣に行くと温泉施設があります。

 

ぼくがキャンプの撤収後に行って前にも行ったことのある温泉施設で鮎川園地より南に20分くらいです。


【関連記事】

越前水仙の里温泉「波の華温泉」は海と夕日が見れる景色が綺麗な温泉だった。

 

北方向に帰る人には芦原温泉の温泉宿泊施設

【関連記事】

湯快リゾート芦原温泉「青雲閣」

 

まとめ

今回は天気が曇りから雨に変わっていく悪天でしたが海沿いの波の音と風に癒されてキャンプできたので最高でした。次回は釣りをやってみたい!

あと現地は予約ができないので現地に行っては入れない可能性もあるので近くの僕が以前に行ったキャンプ場も載せておきますね。

【関連記事】

越前の海や市街から近い金華山グリーンランドキャンプ場へ行ってきた。

 

みどりと自然の村太陽広場キャンプ場

福井県のキャンプ場カテゴリの最新記事