キャプテンスタッグ焚き火台b6はソロで使いやすさ抜群

キャプテンスタッグ焚き火台b6はソロで使いやすさ抜群

こんにちはmasatoです。今回はキャプテンスタッグさんのb6サイズの焚き火台について書きます。しばらく使ってみて画像も増えてきましたので気になっている人の参考になれば幸いです。

 

キャプテンスタッグ焚き火台b6のサイズ感と使い勝手

キャプテンスタッグ焚き火台b6で缶詰を温めるまず初めにサイズ感についてですがb6サイズという名前の通り文房具のノートのb6サイズと同じくらいということです。

 

底板の高さは3段階に調整できるうちの一番下にしています。炭火と上部で料理するものの距離は、あと二段階上げることが可能になっています。

 

サイズ感がピンと来ないかもしれないので市販の普通のサイズの缶詰を二個置いている写真です。温めに関しては炭を使ってじっくりと温めてみました。

 

写真で見えるようにサイドの部分はダイヤ型の空気穴が沢山開いているので通気性も良くしっかりと風を送り燃焼するようにできています。

 

 

 

キャプテンスタッグ焚き火台b6で料理

キャプテンスタッグ焚き火台b6でステーキを焼く

上記の写真ではステーキを焼いています。グラムは覚えていませんが250グラム前後でしょうか。こんな感じでステーキを焼いたり調理にも向いています。

 

 

クッカーに水を入れて上部に配置すれば湯沸かしなども出来ますよ。付属品としては回りを取り囲む焚き火台本体と底板と上部のロストル、焼き網と収納ケースが入っています。

 

写真に写っている鉄板は付属されないので注意してください。鉄板に関しては他のメーカーさんのb6サイズの鉄板になります。

 

 

 

キャプテンスタッグ焚き火台b6で焚き火

キャプテンスタッグのb6焚き火台

写真は焚き火の様子です。底板は3段階に調整できるのですが一番下にしている様子です。薪を15センチほどの長さにカットして使用しています。市販の薪を三分の一くらいにしたサイズです。

 

 

キャンプでの薪割りは楽しいので何の苦にもなりません。また落ちている枯れ枝などなら簡単に手で折ったりできるので、薪のカットが難しい人は枯れ枝で使用すると、より手軽に使えると思いますよ。

 

 

薪割には手間がかかりますが大きな大きな焚き火が必要なく、こじんまりとした明るさや暖を取りたいときには薪を節約しながら焚き火が楽しめるので長時間遊べます。

 

 

あと僕が真冬によく使っている理由として他に出ている焚き火台は熱が360°に行きわたるタイプや焚き火台から空に向かって熱が行くタイプの物が多いです。

 

この焚き火台の形状は自分のほうに熱が来るので冬場は凄くあったかいですし夏場は逆に暑いです。

 

キャプテンスタッグ焚き火台b6の動画

キャプテンスタッグb6の焚き火動画

焚き火をしている時の動画を載せておきます。炎の大きさや、どれくらいの大きさの薪が入るかなどイメージしてもらえると思います。

 

 

キャプテンスタッグ焚き火台b6はソロで大活躍してます

ムササビウイングをソロで使用

ソロで使用する焚き火台は何個か持っていますが人気の定番商品だけあって僕もソロの時には、かなりの頻度で使用しています。

 

 

小さいサイズですがシッカリと暖も取れるし調理も出来ます。大人数では少し力不足かも知れませんが僕はソロや3人くらいまでの一品を作りながらお酒を飲んだり、何人かで行く時の自分専用の暖房や調理器具としてサブで使ったりもしています。薄くて小さいサイズの焚き火台を探しているなら間違いなくオススメします。

 

楽天市場で見る

【即日出荷】キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG カマド スマートグリル B6型(3段調節) UG-0043

 

アマゾンで見る

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 1台3役 折りたたみ カマド スマートグリル B6型 バッグ付 3段階調節可能 UG-43

キャンプギアカテゴリの最新記事