キャンプの持ち物チェックリストはアプリのエバーノートで共有しよう

キャンプの持ち物チェックリストはアプリのエバーノートで共有しよう

こんにちは。masatoです。いつもキャンプの時に荷物を用意する時には、どうやって用意していますか?僕は手軽で簡易的な使い方ができる無料プランのエバーノートをキャンプやその他のアウトドアの際に使っているので紹介したいと思います。

 

 

スマホでEvernotevernoteというアプリをダウンロード

普段使っているスマホでEvernoteという名前のアプリをダウンロードし起動してください。

 

パスワードや料金設定など必要事項を設定

パスワードの設定や料金の設定などがあるので、今回は無料プランを選択し決定してください。今回紹介する内容では無料のプランで使用できます。

その他の便利な機能は有料で使用できますので何度も使用してみてほしい機能があれば後日に別にダウンロードしましょう。

 

 

新しいノートを作成してみる

 

ダウンロードが終わって簡単な設定項目が終われば早速使用できます。

 

 

題名に「キャンプ用品」名前をつける

今回の題名として「キャンプ用品」と名前を付けてみましょう。ご自身がわかる内容ならなんでもオッケーです。

 

 

□のTO・DOリストを作る

 

 

 

写真の様に文字を打つひらがな表記の上の部分に□のレ点が打てる項目があるので、それを先頭につけて、その後ろにキャンプギアの名前を入れるようにしましょう。

正式名称でなくても自分でみて名前がわかれば何でも大丈夫です。

ちなみに僕のチェックリストはこんな感じです。ところどころ僕にしかわからないような名前の書き方をしているので気にしないでください。

 

 

☑☑の様に二個並べれるようにするのがポイント

簡単なTO・DOリストを作る感じなのですが☑☑の様に二個並べるようにしてください。

理由としては、キャンプ用品を用意する段階で、レ点を入れるだけでは車に載せるまでは安心できないので二重にチェックするためです。

 

 

 

□に☑を付けるタイミングを統一する

キャンプの荷物リスト

 

 

 

二個並んでいる□□のうちの左側は今回持って行くものにチェックを入れていると思いますがもう一つの□に☑を入れる際には必ず同じタイミングでレ点を入れるように統一してください。

理由としてはキャンプ用品が目に入ってきた時点でチェックを入れたり、引っ張り出してからチェックを入れたりとすると持って行くのを忘れるものが出てきてしまうからです。

必ず荷物を出してきてこの場所に持って来たらチェックを入れると決めておきましょう。

例えば自分の部屋にキャンプ用品があるのなら部屋の出たところに出したら、そのタイミングで☑をつける感じです。

それを繰り返していくとエバーノートの□が☑になっていないものが、すぐにわかります。

 

 

 

車に積み込む際に一か所にまとめる

前述の用意したものを車に積み忘れないように用意した荷物は、必ず車の後ろに持って行くなど、決まり事としてやってみてください。

そうすることであとは車をあけて荷物を一気に積むだけなので、さきほどのことを徹底すれば忘れ物は無くなるでしょう。

 

 

当日現地でキャンプを楽しむ

当日は現地で持って行ったキャンプ用品を使用しながら思いっきり楽しんでください。

 

 

帰る際には右側チェックを外すことで忘れ物防止

キャンプを楽しんで撤収の際、荷物を片付けるときには、またエバーノートを開きます。

開いた際には今回持ってきたキャンプ道具の列には☑☑の状態になっていますよね。

この状態から帰り支度をしながら一個ずつ☑□と右側のレ点のチェックを外していきます。

車に積み終わった時点ではエバーノートの持ってきた荷物の列のチェックの右側が全て外れれば、持ち帰りの荷物もバッチリ車の中に積まれています。

その際にも荷物を積んできた時と同じで撤収道具を、ここの芝生にまとめるといった感じで一か所にまとめて後は車に積むだけの状態を作るのがポイントです。

チェックを外したのはいいけど置いている場所がバラバラだと車に積み込むのを忘れるので気を付けてください。

 

 

その他のチェックリストにも応用しよう

その他にも買い出しに行く際のチェックリストや、僕の場合はキャンプ用品と別に釣りの道具のチェックリストや、バイクツーリングの時のチェックリストなどいろんな場面に応じてチェックリストを事前に作成しておくと次回からも荷物の用意が簡単です。

 

 

これで今まで忘れ物はありません

このやりかたでいままで荷物を積み忘れるのと持って帰るのを忘れた事はありません。

 

文面を見ているとめんどくさそうに見えますが慣れれば忘れ物もなく荷物の用意もスムーズにでき、用意のし忘れが一目で確認できるので、毎回荷物を忘れて困っている人には本当におすすめですので一度試してみてください。

 

そもそも一番初めの時点の一日の流れを想像する時点で☑を入れるのを忘れると元も子もないので、そのときのシチュエーションは毎回、ソロだったり二人だったりバイクなのか車なのかによって変化するので持って行くキャンプギアを想像しながら用意できますので出発前から楽しみながら用意できると僕は思っています。

 

 

いろんなパターンのチェックリストを作ろう

この記事を読んだらご自身のシチュエーションに合わせて一度作ってみてください。操作説明などは今回の記事では紹介できませんでしたがエバーノート自体が、かなり直感的に触れる仕様になっているので事前に触って慣れてみてください。

 

キャンプの荷物の持っていき忘れ、そして現地に荷物を忘れるのが無くなりますように。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

キャンプ初心者が得たノウハウカテゴリの最新記事