エスビットアルコールバーナーの魅力をブログで紹介

エスビットアルコールバーナーの魅力をブログで紹介

こんにちは。アウトドアの時にどんな火器類を使っていますか?沢山の料理を同時に作ったり強力な火力がいるときには焚き火やガソリンバーナーが調理に向いています。

ちょっとお湯を沸かしたり炒め物の時には、ガスバーナー類を使っているのではないですか?僕もメインはガスバーナーなのですが、ガスバーナー使用時にサブの調理ができるエスビットのアルコールバーナーの魅力について書きたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エスビット Esbit ストーブ アルコールバーナー ESAB300BR0
価格:1746円(税込、送料別) (2019/8/24時点)

楽天で購入

エスビットアルコールバーナーの魅力は

エスビットアルコールバーナーの外観

アルコールストーブだけ持ってフィールドに出かけることもあります。

これひとつ持っていくだけで焚き火をおこして調理するのがめんどうな場面でも即座に料理が開始できます。

本体が軽量

本体の重量は100グラムを切っているので非常に軽量で持ち運びに優れている。軽い物やら30グラム台の物もあり非常に軽量。

さくパッキングしやすい

ジャケットのポケットに入るサイズ。エスビットの場合には収納時には高さが46ミリで直径74ミリと小さくすでに持っているギアにまとめてパッキングしやすい。直径がそこそこあるお持ちのシェラカップやマグにもスッポリ入るのでパッキング時に場所も取らす持ち運べるのは魅力的。

燃料が安く手に入れやすい

燃料は300円前後で500ミリリットル買える。通販でも取り扱っていて買えるし近くのドラッグストアやホームセンターにも置いているところが多い。

満タンでは約100ミリ入るが燃料がこぼれたりして引火の危険性もあるので多くても三分の二以内で使うのがいい。

僕の場合一度の使用量は50ミリほどの使用なので約10回分の燃料として使える。

さらにOD缶やCB缶よりもさらに手に入れやすい燃料なのは非常に助かる。OD缶はアウトドア用品取扱店や登山関連のお店でしか梯入らないことも多い。

出かけている付近にお店があれば問題ないが、燃料を現地付近でで調達する場合に、ドラッグストアやホームセンターで手に入りやすい燃料というのも非常に魅力的な要因。

※OD缶とはアウトドア用の丸いドーム型の燃料のこと

※CB缶とはカセットボンベのことで自宅などでカセットコンロで使うボンベのこと。

値段が安価で導入しやすい

材質やメーカによって様々だが\2000〜\4000くらいのものが多い。今回紹介しているエスビットはネットの価格では¥2000円前後で購入できる。

部品が少なく壊れる要素があまりない

一体型の作りに上にフタを締め付るような形状の為に壊れる要素も少ない。バーナー関連のものは燃料を噴射する装置の故障や点火する際の火花を飛ばす装置の故障も考えられる。100円ライターなどで燃料はたくさん入っているのに火花が散らずに点火出来ないようなことがないだろうか?僕は何度かあるので火花を散らす専用の道具も常に常備している。

エスビットアルコールバーナーのデメリット

いままで何回も使ってきましたが冗談抜きでデメリットがでてきません。しいていうならガスバーナー並みに、ものすごい火力が出せたら最高だなと思います。お湯を沸かしたり調理するのには充分な火力があります。

使ってみた事例をブログで紹介

実際にフィールドで使用した際の事例を踏まえて紹介したいと思います。特にその時だけサッと使って、もう調理しないといった時には手軽さが一番の売りだと感じます。それでは行ってみましょう。

お湯をクッカーで沸かす

アルコールバーナーでコーヒーのお湯を沸かしている

最大容量の半分の約50ミリでいつも500ミリ程度のお湯を沸かしています。真冬は水の温度や外気温の関係で沸騰させるのに燃料も時間もかかることもあるので、もっと燃料をいれたり完全に火が消えアルコールストーブの温度が下がってから燃料の継ぎ足しなどしています。

炊飯する

メスティンをアルコールバーナーで炊飯している

ステーキを焼く

アルコールバーナーでステーキを焼く

保温をする

アルコールバーナーでスキレットを使い焼き物をしている

その他にも缶詰を温めたり、保温するような使い方も出来ます。火力がガスバーナー程、強力ではないので煮物みたいにじっくりと弱火〜中火で使いたいときに活躍します。ガスバーナーなどで料理が出来上がったものを食べながら一時的にアルコールバーナーで保温したり、食事しながら煮込み物や炒め物をするときに焦げないように調理ができることも魅力。食事しながら他の調理ができるので時間の有効活用にもつながります。

アルコールバーナーは魅力が一杯で相当使える

今回の記事ではアルコールストーブの魅力について書いてきました。まだ持っていなくて導入を考えている人に少しでも魅力が伝わればうれしいです。

軽量で壊れにくく安価というのが僕が購入した最大の理由です。普段は焚き火で調理するけど、焚き火の火で調理すると物凄いススが付いてしまいます。

自身の気に入っているギアを汚したくない場合にも焚き火に比べてアルコールストーブはススが付きにくいのでクッカーなどを綺麗に保てるのでオススメですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エスビット Esbit ストーブ アルコールバーナー ESAB300BR0
価格:1746円(税込、送料別) (2019/8/24時点)

楽天で購入

キャンプギアカテゴリの最新記事