【キャンプ料理】バーベキュー以外の簡単料理で少量を多品目作った一泊二日

【キャンプ料理】バーベキュー以外の簡単料理で少量を多品目作った一泊二日

こんにちは。いつもキャンプやアウトドアでバーベキューメインになってしまって食事にすこし飽きてきました。今回は一泊二日のキャンプで友人たちと三人でのキャンプを計画していたのですが、バーベキューのみだったり鍋だったり単独の料理を食べ続けるスタイルふだったのですが、今回は少量の料理を多品目食べようといったコンセプトで食事中心のグルメキャンプをしてきました。

バーベキュー以外の簡単料理を作る

バーベキューはしないとなっていても外で確実に食べたくなるのはお肉。今回は炭は使わずに全て薪を使用して料理しました。スキレットを使って少量のお肉を食べながら乾杯からスタートしました。

スキレットで焼肉

写真の奥は事前に付け込んできたタンドリーチキンで、沢山のスパイスやヨーグルトに付け込んできました。家庭で付け込んだ物をジップロックに入れてきているのでキャンプ場での洗い物も出ないので手間も省けます。

写真の手前はエビ・ブロッコリー・マッシュルーム・プチトマト・あさりなどを入れたアヒージョです。オリーブオイルにスライスオニオンと塩コショウでシンプルに味付けなので、具材をいれて放置してたまにかき混ぜるだけなので、お手軽でした。

ミニスキレットの具たくさんのアヒージョ

コチラはローストビーフで、牛モモにくの塊に塩コショウや粗びき胡椒をまぶしすべての面にスキレットで5分から10分ほど焼目を付けて、アルミホイールでくるんで20分ほど放置すれば完成です。こちらも簡単にできて、とっても美味しいですよ。

木製のまな板に乗ったローストビーフ

写真はパエリアを作っているところです。直火などに使える焼きそば用の強化アルミザラに研いだ米やお好みの材料を、どんどん入れて、コンソメと塩コショウで味付けし上から風痛のアルミホイルでフタをして、これまた20分〜30分ほど放置です。今回は、プチトマト・パプリカ・エビ・ブロッコリー・あさりなどなど入れてみました。

パエリアを作る準備

できあがりです。今回は米を研いだあとに水分を含ますための置き時間を10分ほどにしたので、コメの芯が少し残りましたが、とても意外だった発見がフワフワに出来上がった米よりも少し芯のあるコメのほうが触感があって美味しいパエリアになりました。いつものコメの水の付ける時間の半分や3分の2くらいの漬け時間で試してみてください。いつもと違った触感のご飯で楽しめますよ。

強化アルミホイルで作ったパエリア

かわいい器に盛ったパエリア

いろいろ食べて少し口直しに水ナスの漬物も食べました。スーパーで売っているものですが、軽く醤油をつけて食べると櫛直しに最高でした。今回はキャンプに初めて漬物を持って行ったのですが、外ご飯は味が濃い料理が中心になるので箸休めにサッパリと漬物を持っていくのも、すごく良かったです。よく考えたら居酒屋さんとかでも漬物を頼んでいるのでキャンプに持って行ってみようと思いつきました。自分の好きな漬物を持っていくとお酒も進みますね。ちなみに那須はカットしてから色が変色していくのが速いので一食で食べきってしまえない場合は、那須以外の漬物がいいと思います。

那須の浅漬け

こちらは友人が前日から仕込んできてくれたパンナコッタ。

作り方は


牛乳200cc
生クリーム200cc


白ワイン大さじ2
グラニュー糖40g


粉ゼラチン5g
小包装してるやつは、だいたい一袋5g

①を、鍋であっためてグラニュー糖溶かす。火は弱火(砂糖が溶ける程度で大丈夫)

②&③混ぜてレンジで20秒

①に②③を混ぜて冷やす。果物入れるなら冷やす前に入れる。マスカットやイチゴやミカンなど、お好みのフルーツで試して見てください。

あとは冷めたらゼラチン固まって出来上がり!

これをキャンプ場に持っていくだけ。

簡単にデザートが食べれるので、ぜひやってみてほしい。

前日から仕込み下自家製パンナコッタ

フルーツの入ったパンナコッタ

いろいろ食べてデザートで締めてじっくりと自然を楽しみながら数時間が過ぎました。季節の変わり目で少し前は冬で茶色の葉っぱばっかりなのですが、新緑と空の青さに癒されました。これからはどんどん暑くなっていくので、朝晩も涼しくて過ごしやすく、とてもいい季節になりました。

青い空と木

お気に入りの銅のマグで飲む大好きなジン(タンカレー)を飲みながら気の合う仲間と飲むユックリとした時間は、街中のお店で食事したり飲みに行くのとは違った貴重な時間ですね。近況を話したり、たわいもない話ですぐに陽が傾いてきました。楽しい時間はほんとに早いです。

銅のコップと洋酒

夕方以降は少し肌寒くなってきました。暖をとるのと晩御飯の準備に焚き火を再開します。ほんの小さな火でも温かくて、料理もできるのですごく万能な反面、普段の生活ではなかなか焚き火はしないですが、当たり前のようにガスや水や電気が使える生活をしているので、改めてインフラ整備がされていて便利な生活をさせてもらっているんだと気づかされます。アウトドアでは、そんな不便な中でも一緒に料理したり暖を取りながら話したり、非日常を味わえるがとても魅力ですね。

 

夕方からは買ってきたものを温めるだけの料理をあてにユックリとお酒を楽しみます。真空パックに入った二人前のおでんをクッカーで温めていきます。昼間に残ったウインナーを追加投入して軽く煮立ったら食べごろなので、昼間との温暖差がある時期の肌寒い夜には最高です。

真空パックの二人用おでん

アウトドア系の記事で何年か前に紹介されていたローソンで販売されているホルモン鍋がきになってコンビニに見に行ったら売っていたので買ってみました。¥400円ほどでホルモンのピリ辛鍋が食べれるということで、ソロキャンパーさんに特に人気があるみたいで買ってみました。

ローソンのホルモン鍋

口コミによると辛みが結構くるので、豆腐やネギをいれるとちょうどいいとのことなので、白ネギと豆腐を入れてクッカーに移し替えて煮込みました。

相当な数のホルモンがはいっていて、ネギにもピリ辛の出汁がしみ込んで、いいお酒のつまみになりました。シングルバーナーなどでも温めるだけなので簡単に本格的なホルモン煮込みが味わえます。

自宅でも食べたいので帰りに追加で買って帰ることにしました。一緒にいた友人も買って家で食べたいといってました。ピリ辛が癖になるって感じのおいしいホルモンでした。

ローホルと白ネギや豆腐

一杯食べて飲んで寝て、翌朝はコンソメスープと、ホットサンドで朝食に。前日の残りを全部ぶち込む具だくさんのコンソメスープになりました。コンソメの素って、いろいろ使えて便利すぎ・・・

朝食のホットサンド

具だくさんのコンソメスープ

ピザソースやチーズ・ハムなどを挟んで焼いただけなのにカリカリでうまい。野菜はスープでしっかりとれているので、栄養もばっちり。二日間ずっと食べて飲んでのいろんな簡単料理にチャレンジしました。バーベキューに飽きた人で気に入る料理があったら、放置料理がおおいので手間もかからず時短にもなるので、ぜひやってみてくださいね。

コールマンのホットサンド

キャンプ飯カテゴリの最新記事