【ソロキャンプ】焚き火のやり方(初心者入門)

【ソロキャンプ】焚き火のやり方(初心者入門)

こんにちは。masatoです。かなり冷え込んできて焚き火が気持ちよい時期になってきましたね。今回はキャンプには連れてもらったりして焚き火の経験はあるけど、自分だけではまだ焚き火をしたことが無いという方のために記事を書きました。

グループで行くと、早く焚き火に火を付ける為に焦ってしまいますがソロキャンプでの焚き火のやり方では自分一人なので何回失敗しても、ジックリと時間をかけてできるので今回の記事をソロキャンプに行かれる前に事前に読んでソロキャンプでの焚き火のやり方をマスターして焚き火を思う存分楽しんでくださいね。

 

目次

【ソロキャンプ】焚き火に必要なもの・持ち物

ソロキャンプの焚き火に必要なものや、あると便利な持ち物についてですが無くても出来るものもあります。

焚き火台

薪ストーブラージで暖を取る

これは焚き火をするときに使う台のことです。見た目はバーベキューをするときのような台の形状のや観賞用に特化したもの料理に特化したもの薪を長持ちさせるような造りや薪を一気にもえあがらせるような燃焼効率の良いものなどもあります。

キャンプ経験のない方は地面に石などを囲って直火での焚き火をイメージされるかもですが、最近のキャンプ場では焚き火台を使用しての焚き火しか出来ないところがほとんどです。

 

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

 

 

 

防炎シート(スパッタシート)

ロゴスのスパッタシート

 

地面に敷く防炎素材のシートで、スパッタシートと呼んだりします。素材によって様々ですがガラス繊維などが入っているものは特に焚き火の時の火種が飛んだりしても安心です。ガラス繊維の入った防炎シートは消防士さんの服の素材にも使用されているので火に強く信頼感があります。もちろん完全に安全ということでは無いですが持っていると安心して焚き火が出来ます。

 

アマゾンで見る

 

楽天で見る

薪割りをする

ソロキャンプでの焚き火では炎を大きくして囲んで暖をとる必要はありません。小さい焚き火を楽しみながら鑑賞や暖を取ったり料理します。

現地で散歩しながら薪を拾い集めたり、ホームセンターやキャンプ用品店で薪が束になっているので購入できます。

 

楽天で見る

 

アマゾンで見る

 

 

薪トング

薪をつかんで木を足すときに使ったり、焚き火中に空気の流れが悪く焚き火が消えたりくすぶったりすることがあります。ほとんどの場合燃えている薪のトングでつかみ酸素が取り込まれるように薪を移動させると炎が復活し焚き火を再開できます。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

 

 

耐火グローブ

焚き火中は火が大きく出て薪を足す時や料理の鍋やフタを取るときなど、高温になり大変あぶないです。軍手や普通の手袋よりも牛革素材の熱を通しにくいような手袋が最適です。使えば使うほど味が出てくるので愛着も出てきますよ。

 

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

着火剤 

一番最初の着火の時に火が安定しない時などに使います。僕はほとんど使いませんが念のために持って行っています。着火すれば数分間は燃え続けてくれるので着火時がとてもやりやすくなります。

楽天市場で見る

 

 

アマゾンで見る

 

 

ライターやマッチ

使い捨てのマッチ

 

ライターやマッチを持って行き最初の火種を作りましょう。料理用のバーナーの点火スイッチが壊れた時や、燃料系ランタンの点火時にも役立つのでカバンに一個は入れておくと何かと使えますよ。

楽天市場で見る

アマゾンで見る

火吹き棒

キャプテンスタッグの火吹き棒

焚き火時に空気の通りが悪くて火が消えてしまうような時に火吹き棒で空気を送り復活させます。毎回必ず使っているので忘れてしまった時には焚き火がしにくいです。うちわでも空気は送れますが火吹き棒だとピンポイントで空気を送れるので火が復活しやすいです。このピンポイントと言われてもピンと来ないでしょうが、焚き火を一度すれば全然違うことに気づきますので数百円から2000円程度で市場に出回っている火吹き棒は沢山選べますので一個持っておきましょう。

楽天市場で見る

 

 

アマゾンで見る

 

ノコギリ・オノ・ナタ・ナイフ等の刃物類

ノコギリで薪を切る

焚き火台によっては薪の長さを短くしたり、初めの着火の際に薪を細くしたりする必要があります。

市販の薪のままでは太いため調理の際には細い薪が料理しやすかったりするので、事前に用意しましょう。

イメージしていただきたいのですが、割りばしのような細い木ならライターで炙ると、すぐに燃えてくれますが森に生えているような大きな木はライターの炎では燃えませんよね?

焚き火の時には出ている火の大きさに応じて段々と薪を太い物に変えていかないと最初から太い薪には火は付きません。その際に薪を細かく細くする道具が必要なのです。

僕が友人にキャンプを始める人がいると、2点を最低用意すると焚き火がしやすくなるよと伝えています。

それはノコギリ+ナタか斧かナイフです。その人の移動手段やキャンプスタイルによって変わりますが、ノコギリ+ナタが使いやすいと思います。

このときナタの刃は片方が研いである片刃と両方が研いである両刃がありますが両刃が使いやすく薪割に向いています。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

 

 

消化壺

消化壺は焚き火を終わって寝る時や、お風呂や食材の買い足しなどで長時間は慣れるような時に安全です。

見た目で炎が消えていても長時間クスクスと燃え続けていることが、ほとんどです。4〜5時間経っても手を近づけると暖かい時も何度もあったので就寝時にテントの内部に持って入ると一酸化炭素中毒になりとても危険です。火消し壺や、熱に強い入れ物で空気を遮断して密閉できるものを用意しましょう。

 

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

【ソロキャンプ】焚き火時のマナー・注意点

焚き火時のマナーや注意点についてです。焚き火を一人でするのにマナーなんてあるの?と感じるかもしれませんがマナーはあります。

例えば直火禁止のキャンプ場では焚き火台を使用したり、焚き火の火が舞ってしまわないように周りのサイトの人のテントとの距離を取っての焚き火をしたりします。自分のテントに穴が空いたら嫌ですよね。焚き火の火は風などで火が飛んでしまうこともあるので細心の注意を払いましょう。

 

【ソロキャンプ】焚き火の服装

ワークマン綿100%のツナギ

焚き火時の服装は綿100%やその他の難燃性の素材の服を着るのが最適です。僕も何度も経験があるのですがダウンのジャケットやナイロン素材のアウターに穴が空いてしまったこともあります。10年ほど愛用していたお気に入りのジャケッも穴が空いてしまい大変ショックな思いをしました。

焚き火時には全然気づいていなくても知らぬ間に火の粉が飛んで穴が空いてしまう物なので焚き火専用の服を着て焚き火するのが良いです。僕がキャンプによく行く5人ほども全員穴が空いた経験を一回はしています。

 

僕は作業服のワークマンさんのツナギやアウターを着てキャンプ時の焚き火専用の服を使っています。近年、作業服の領域を超えたおしゃれで普段着出来るような服も沢山ラインナップされているので、アウトドア用に一着用意しておくと、僕みたいにお気に入りの服に穴が空いてしまうことはありません。

 

【ソロキャンプ】焚き火の薪の量

ソロキャンプで小さな火で焚き火する

薪の量については炎の大きさにもよって使用する薪の量も変わってくるので一概には言えませんが市販の薪はおおむね40センチ前後にカットされ束で販売されているのですが僕の場合は秋から冬の寒くなる時期で3〜4時間に一束ぐらいをイメージして持って行ってます。

 

夕方16時から深夜0時までの8時間の焚き火を楽しむなら2束以上使用することになるので、宿泊の場合には翌日の朝に暖をとったり調理に使用するので、チェックアウトまで合計3束ほどになります。

 

【ソロキャンプ】焚き火のやり方

では実際にここからは焚き火のやり方について書いていきます。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順1

まずは木の近くなどを避け周りに燃えやすい物が無いところに焚き火台を用意します。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順2

周りに燃えやすい物はない場所だと思いますが焚き火台の高さが低い物は地面に熱がいき最悪の場合引火するので、焚き火シート(スパッタシート)を敷きます。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順3

自分のテントやタープ、その他燃えやすい物との距離をとり、出来るだけ他のキャンパーさんから離れる。

ソロキャンプでの焚火のやり方手順4

薪を小さい物から大きなものまで用意

焚き火台を用意し安全な場所を確保したら買ってきた薪や散歩で拾った充分に乾いた薪を用意する。その時に太さを4段階程に分けておく。

また最初の着火時には松ぼっくりや杉の枝が油分が多く長い間発火してくれているので焚き火しやすくなる。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順5

焚き火台の一番下に燃えやすい松ぼっくりや杉の枝などを置き次に細い木をピラミッド状にくべる。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順6

最初のうちは熱が放熱してしまうので燃えにくくても薪の位置は変えずに、風が吹きすぎないよう見ながら火をじっくりとまつ。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順7

数分して火がだんだん大きくなって来たら徐々に大きな木を同じように足していく。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順8

その木も燃えだしたら一番大きな木を入れ着火していく。そのあとは火が消えないように自分の好みの大きさの火を維持する様に木を足していく。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順9

燃えた灰や薪の入れすぎで空気の流れが悪く火が弱まってきたらトングで薪の位置を調整し、火吹き棒で空気を送ると、薪が湿ったりしていない限りは、ほとんど復活します。

ソロキャンプでの焚き火のやり方手順10

あとは焚き火を鑑賞して楽しんだり、五徳(鍋やフライパンを置く台座)で調理を始める。

【ソロキャンプ】焚き火のコツ

焚き火に反射板を使用

焚き火自体のコツは薪を数種類の太さに分けたり空気の通り道をつくったり火吹き棒で風を送ったりがコツですが、焚き火が心地いい秋や冬に好まれて焚き火をするとおもうのですが、あまり温かくないという声も聴きます。

その時に確認してほしいのですが風通しの良い場所で体や首にひんやりした冷気を受けていませんか?風を受け続けると体温も下がりドンドン寒くなっていきます。

ムササビウイングで真冬のタープ泊

風を遮るタープやリフレクター(焚き火の反射材)で自分のほうに焚き火を向けると、ものすごく温かく暖も取れますよ。

 

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

【焚き火リフレクターの記事】

焚き火の反射板!大型スクリーンが暖かい

 

 

【ソロキャンプ】焚き火台の配置

風が緩い時には焚き火の風下に自分がいると、温かく過ごせます。またテントや荷物の近くでは火種が飛んでしまう恐れもあるので5メートル以上は離れるほうが安心です。

【ソロキャンプ】焚き火のトイレの時

ソロキャンプの焚き火中にトイレに行く時は一人なので火の番をする人がいません。30分以上焚き火をした後の、熾火(真っ赤に光った薪の状態)なら空気の流れを悪くして一度、火を消してしまったり焚き火台を囲える大きなザルのような目の細かい物を被せていくと火種が飛んだりしません。

トイレから戻ってきても10分程度なので、火吹き棒で空気を送り込みながら、薪の位置を調整して風の流れを通せば焚き火はまた復活します。

【ソロキャンプ】焚き火終わるとき・寝る時

終わるときには持ち物の時に紹介した火消し壺で酸素を完全に遮断すれば、10分以内に完全消化されることがほとんどです。

そのときの気候によっても左右されるので入れ物が完全に冷めているのを確認してから寝るようにしましょう。

ここまでが焚き火のやり方ですが、ぼくが使っている物やソロキャンプでの焚き火におすすめの焚き火台を紹介します。

【ソロキャンプ】焚き火台のおすすめ

ソロキャンプでは出発用意から自宅の後片付けまで全部自分でしなくてはいけません。負担も多いので、できるだけ簡単に設置できたり軽量でコンパクトなものを中心に紹介します。

パカッと広げるだけの簡単焚き火台

UCOの焚き火台

上の写真はUCO(ユーコ)の折り畳み式の焚き火台。側面がハート形になっていて可愛らしい。鑑賞用としても料理用としても使いやすい。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

【関連記事】

UCO(ユーコ)焚き火台をレビュー

 

ノート型の焚き火台ノートブック

上の写真はa plus designのノートブック、その名の通りノートの様に広げるとすぐ使えます。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

円柱型の焚き火台

フィールドトゥサミットの焚き火台

上の写真はフィールドトゥサミットの焚き火台で底とてっぺんをハメるだけの5秒設営です。炎も大きめに立ち上がり少ない薪で燃焼効率もいい。

拾った細い枝でも結構な火力で火柱が上がります。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

【関連記事】

field to summitの焚き火台フレイムストーブは小枝で二次燃焼でエコ

 

 

田中文金属TAB缶

上の写真はTAB缶というもので、こちらもネイチャーストーブといい松ぼっくりや小枝での焚き火が出来るし写真の様に火柱上がるほどよく燃えます。うえに調理用の五徳が付属の部品でついてるので調理にも特化しています。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

【関連記事】

缶ストーブのTABを使ってみたので用途を事例別に7つ紹介します

 

 

反射板が付いていて暖かい焚き火台

キャプテンスタッグのB6サイズ焚き火台

上の写真はB6サイズで小さくて、友人の車に載せてもらっていく時やバイクツーリングの時に持って行ったりしています。

反射板があるのでソロの時にも自分のほうに熱がくるので温かい。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

【関連記事】

キャプテンスタッグ焚き火台b6はソロで使いやすさ抜群

 

 

薪ストーブラージで暖を取る

上の写真は薪ストーブラージです。購入した薪もそのまま1束入ってしまうほどの大型焚き火台。上に付属の五徳を載せればソロクッカーなら5個ほど乗ります。

炒め物をしながら、鍋をしてお湯を沸かしながら米を炊くなんてこともできるので料理の時間短縮にもなります。

このタイプも反射板がついていて冬場は最強にあたたかいです。沢山の薪をくべると暑すぎるほどの火力です。

楽天市場で見る

 

アマゾンで見る

【関連記事】

【冬キャンプ】ストーブ無しの過ごし方をシーン・時系列で解説!

 

 

【ソロキャンプ】焚き火のやり方まとめ

いかかがでしたか?ソロキャンプでの焚き火のやり方と合わせて僕のおすすめの焚き火台も紹介しました。

焚き火はキャンプでの醍醐味で、夕方から数時間だけ焚き火をしに行く時もあるぐらい大好きです。

注意点やマナーを守って楽しい焚き火ライフを送ってくださいね。

今回の記事で少しでも焚き火の魅力が伝わり焚き火が好きになってもらえると、とてもうれしいです。

キャンプ初心者が得たノウハウカテゴリの最新記事